恋した人は一人なのに二人!?冷たくて優しい彼とのトライアングル・ラブコメディ!「ジキルとハイドに恋した私」

  • 「ジキルとハイドに恋した私 」を見るなら 女性チャンネル♪LaLaTVで! 詳しくはこちら
  • 5月16日(月)21:30~レギュラー放送スタート! 毎週(月・火)21:30~ほか

Introduction(イントロダクション)

  • 4年ぶりにヒョンビンが帰ってきた!
    除隊後初ドラマは一人二役に挑戦!!

    大ヒット作「シークレット・ガーデン」でトップスターに駆け上がったヒョンビンがついにカムバック! 日本でも絶大な人気を誇るヒョンビンが4年ぶりのドラマ復帰作に選んだ役は、人を寄せ付けない冷徹男と甘く優しい純情男という2つの人格を持つ男。正反対の人格を完璧に演じ分け、ヒョンビンの魅力を存分に披露します。

    対するヒロイン役は、「屋根部屋のプリンス」「イ・サン」などヒット作が続くハン・ジミンが明るくひたむきな女性をキュートに好演! 息の合った二人の演技が生み出すケミストリーが最大の見どころです。

  • 4年ぶりにヒョンビンが帰ってきた!除隊後初ドラマは一人二役に挑戦!!
  • もしも、ジキルとハイドが1人の女性に恋したら――!?誰も見たことのないトライアングル・ラブコメディが誕生!
  • もしも、ジキルとハイドが1人の女性に恋したら――!?
    誰も見たことのないトライアングル・ラブコメディが誕生!

    自己チューでツンデレな御曹司ソジンと、心優しくて恋に積極的ながら“ソジンの第2の人格”と言い出せないロビン。そんな“2人”がヒロイン=チャン・ハナに同時に恋をしてしまったら……!? 予測不能な三角関係にドキドキしつつ、それぞれの切ない恋心がキュンと胸にささるラブ・ストーリー。韓国の大人気ウェブ漫画を原作にした、ソジンの過去に隠された謎や片時も目の離せないサスペンス展開にも注目です!

  • “癒し系イケメン”ソンジュンと
    人気女性グループGirl's Dayのヘリも出演!

    「抱きしめたい~ロマンスが必要~」でオトナ女子を虜にしたソンジュンが、本作ではストーリーの鍵を握る催眠専門医として出演。裏表のある謎めいた役を見事に演じ切り、新たな魅力を開花させています。また、ロビンを一途に想う女子大生役に人気女性グループGirl's Dayのヘリを抜擢! そのほか、「太陽を抱く月」で注目を浴びたイ・ウォングンや、3ピースバンドEDENのクァク・ヒソンも出演。旬の若手スターたちの演技もご堪能ください。

  • “癒し系イケメン”ソンジュンと人気女性グループGirl's Dayのヘリも出演!

Chart(相関図)

ワンダーランド常務:ク・ソジン (ヒョンビン)、ウェブ漫画家:ロビン (ヒョンビン)、ワンダーサーカス団長:チャン・ハナ (ハン・ジミン)、催眠専門医:ユン・テジュ (ソンジュン)、大学生:ミン・ウジョン (ヘリ/ Girl's Day)

Story(あらすじ&各話ストーリー)


    • あらすじ
    • 韓国最大規模のテーマパーク「ワンダーランド」の常務をつとめるク・ソジンは、いつも冷静沈着。それは極度の興奮状態になると現われるもうひとつの人格を抑えるためだ。ある日、主治医のカン博士から「治療法が見つかった」と連絡を受け、ソジンは研究室に向かった。一方、ワンダーランド専属サーカス団の団長チャン・ハナは、突然の契約解除に抗議しようとソジンを追いかける。先回りした研究室でハナは血まみれのカン博士を発見。そして犯人らしき男に襲われるが、ソジンとうりふたつの男に救われた。彼こそがソジンの別人格、ロビンなのだった。双子の兄と名乗るロビンは、ソジンとはまるで正反対の優しい男。ハナとロビンは互いに惹かれていく。ところが、ソジンもまた犬猿の仲だったハナのことが気になりはじめ……。複雑な三角関係の行方は!?

    • 第1話
    • 第1話

      ワンダーランド常務のソジンは興奮しないよう常に徹底した自己管理を行っている。ある日、園内で専属サーカス団のゴリラが脱走。団長のハナが手なずけ、事なきを得たが、ソジンはサーカス団との契約解除を通告する。納得できないハナはソジンを追い、カン博士の研究室に先回りをする。主治医から治療法が見つかったとの連絡を受け、ソジンが向かっていたのだ。ハナはそこで血まみれのカン博士を発見。そして犯人らしき男に襲われるが……。

    • 第2話
    • 第2話

      ハナは助けてくれたのがソジンだと思い込む。ところが、それはソジンの別人格、ロビンだった。失踪したカン博士を見つけるため、ソジンは唯一の目撃者であるハナに捜査への協力を要求。サーカス団の契約延長と引き換えに、ハナはユン・テジュの催眠療法を受ける。しかし、確かに犯人の顔を見たはずなのだが、どうしても思い出せない。ソジンがハナの危険を察知した矢先、ショー会場でミラーボールが落下。間一髪でハナを救ったのは、またしてもロビンだった!

    • 第3話
    • 第3話

      ソジンにとっても、父のク会長にとっても、ロビンは世間に知られてはならない存在。ロビンは「礼はいらない。性格だから」とハナに言い残して去ろうとするが、警護チームに追われてハナとともに逃走する。そしてハナは15年前に“天使の橋”で助けてくれたのがロビンと気づき、ロビンもかつて出会った少女がハナと思い当たった。ソジンの眠っている間だけ行動できるロビンはソジンにメッセージを残す。それは「ハナを守る」という2人の新しいルールだった。

    • 第4話
    • 第4話

      ソジンは再びサーカス団の契約解除を指示。ハナに問いつめられるが、ロビンの話をもちだされてソジンは激怒する。その後、ハナはアン技師に命を狙われるものの、偶然に居合わせたソジンに助けられた。サーカス劇場にひとり佇み、亡き父を思い出して涙ぐむハナは、ロビンに慰められて笑顔を取り戻す。翌朝、ソジンの家に荷物を抱えたハナがやって来る。ロビンがサーカス団の再契約とハナを家に住まわせる契約を交わしたのだった!

    • 第5話
    • 第5話

      ロビンの勝手な契約に憤慨するソジンだが、カン博士を見つけるまでは仕方がない。ソジンは日中、ロビンは夜を活動時間とすることに。実は人気ウェブ漫画家だったロビンはサーカス団の絵コンテ作家として雇われる。合宿のため地方へ向かう2人だったが、またしてもアン技師に狙われる。交通事故を起こしてロビンは気絶し、意識を取り戻したのはソジン。暴風雪のため孤立した山奥で、ソジンはロビンのふりをしてハナを守ることに……。

    • 第6話
    • 第6話

      ハナの突然の告白に戸惑うソジンは、翌朝、ひとりで先に帰った。アン技師は逮捕されたものの、カン博士の居場所はわからない。取調室のガラス越しに怯えるハナをテジュが抱きとめ、それをソジンは複雑な表情で見つめる……。一方、ソジンが携帯電話のメッセージを消したため、ハナはロビンに無視されたと思い込んで落ち込む。何も知らないロビンは正直に「覚えてない」と謝るが、ハナはロビンの本心がわからず混乱する。

    • 第7話
    • 第7話

      ソジンとハナの接近を快く思わないク会長はサーカス団追放を命じる。しかし、ソジンはサーカス団をイベントのメイン公演に抜擢。ハナは感謝するが、ソジンは「補償にすぎない」と素直になれないのだった。ロビンへの誤解がソジンのせいとハナに知られるが、ロビンはうまく説明できない。不安を打ち明けたロビンはハナにキスをする。一方、アン技師はソジンが友人だったと供述。ソジンは幼い頃に一緒に誘拐されたスヒョンのことを思い出す……。

    • 第8話
    • 第8話

      寝込んだソジンをハナは看病しようとするが、ソジンは拒む。一方、ロビンはソジンに歩み寄ろうとしていた。「僕が出てきたのは、おまえが生きようとしたから。『助けて』の一言を待ってる」とメッセージを残す。一方、アン技師はスヒョンではないと判明。テジュはメンタルハッキングの可能性を示唆する。それができるのはカン博士だけだ。ところが、カン博士が監禁されているのはテジュの隠し部屋。テジュこそが名前を変えたスヒョンなのだった……。

    • 第9話
    • 第9話

      ハナの催眠療法にロビンが同行する。テジュはソジンの双子の兄と紹介されるものの納得がいかない。案の定、スンヨンに催眠術をかけて聞きだすと、ソジンに兄はいないという。一方、ハナは15年前に死のうとしていたのがロビンではなくソジンだったと知る。ロビンがハナとの交際を宣言した翌朝、ロビンは目覚めてもロビンのままだった。なぜソジンは隠れたのか? ロビンはその理由が知りたい。そのとき、ソジンの携帯電話が鳴る……。

    • 第10話
    • 第10話

      テジュからの電話の指示で、ロビンは22年前にソジンとスヒョンが監禁された倉庫へ。ロビンは眠らされ、目を覚ましたのはソジンだった。密かに追ってきたハナとともに監禁されるソジン。それは22年前と同じ状況だ。しかし、今回は逃げない。部屋にガスが充満し、薄れゆく意識のなか、ソジンはロビンに助けを求める……。目覚めたロビンが窓ガラスを割ってハナを救出した。混乱するハナだったが、ソジンの腕の包帯に気づいて……。

    • 第11話
    • 第11話

      ソジンはハナの目の前で眠り、目覚めたロビンが多重人格障害を打ち明けた。ソジンは愛しはじめたことをハナに告白する。その一方、主人格が消滅しつつあることの兆候が現われている。ソジンはテジュに相談。ロビンが欲望をもちはじめたことを知ったテジュは「まもなく消滅する」とロビンを動揺させる。ロビンはハナのもとへ駆けつけるが、そこにはテジュも向かっていた。しかし、ソジンからイ・スヒョンへのメッセージが公開され……。

    • 第12話
    • 第12話

      ソジンの「おまえが忘れている過去」という言葉に、テジュは顔色を変えた。ハナは自分が告白した相手がソジンだったと気づき、ますます混乱する。ソジンはスンヨンを代表理事に指名し、休職を宣言。一方、ハナとテジュは5年前にテリーという暴力的な人格が現われたことを聞かされる。テジュはロビンを誘いだし、催眠術でテリーの出現を目論むが、ハナからの電話でロビンは我に返った。そして「僕はロビンとして生きたい」とハナを抱きしめる。

    • 第13話
    • 第13話

      ハナの「2人とも守りたい」という言葉に、ロビンは思い悩む。一方、ソジンはイ・スヒョンの父親が誘拐事件の共犯と指摘。動揺したテジュは催眠術でアン技師を操り、同じ拘置所にいる誘拐犯に接触させる。すると、激昂したアン技師が誘拐犯に殴りかかった……。ロビンは「すべてを思い出した」とテジュを訪ねる。しかし、それはすでにイ・スヒョン=テジュと気づいたロビンの作戦。やって来たのは催眠にかからないソジンなのだった!

    • 第14話
    • 第14話

      相手が催眠状態のロビンと思い込むテジュがイ・スヒョンと明かすと、ソジンは目を見開いた。謝罪の言葉を口にしたソジンは、自分たち2人とも被害者なのだと説得しようとするが、テジュは父親の共犯を認めようとしない。すでに部屋は警察が包囲。カン博士は救出された。しかし、テジュは逃走し、ますますソジンへの怒りを募らせる。一方、ハナは少しずつソジンに心を開きはじめている。ところが、ソジンの家にテジュが侵入し……。

    • 第15話
    • 第15話

      テジュはソジンとハナを人質に立て籠もった。誘拐犯に再び証言させるが、その右手の刺青を目にして22年前の記憶が甦る。やはり父は共犯だったのだ。動揺して泣きだすテジュ。望みどおりハナを解放し、ソジンに「生きてみよう」と説得されて投降する。無事を喜ぶハナとソジン。ク会長に初めて「すまなかった」と言われたソジンは、自分も今まで使ったことのない言葉を口にしたいとハナに告げる。「愛してもいいかい?」と……。

    • 第16話
    • 第16話

      ソジンは愛する方法を学びたいのだとハナに語り、ク会長にはロビンの問題は自分で解決すると晴れ晴れとした表情で告げる。一方、目覚めたロビンはハナが自分の出現を止めようとした記憶に衝撃を受ける。世間の注目を集めつつあるロビンだったが、ハナはロビンの正体が知られてはいけないことを理解し、心配する。ロビンは悩んだ末に初めての取材を断った。ク会長はソジンから離れるようハナに頼むが、ソジンは自ら正体を明かすことを心に決める。

    • 第17話
    • 第17話

      リュ常務が密告し、記者が続々とロビンの作業部屋に集まってくる。ソジンは自ら正体を明かそうとするものの、ハナがそれを止めた。ソジンは3人で生きていこうと心に決めているが、ロビンはハナがソジンの味方をしていると思い込んでしまう。その後、リュ常務の罠で交通事故に巻き込まれたロビンとハナ。無免許のロビンは身元を問われて言葉に詰まり、警察署で再び記者に取り囲まれてしまった。ハナは咄嗟にロビンとはソジンのペンネームなのだと説明する。

    • 第18話
    • 第18話

      ソジンはハナの機転に感謝するが、ク会長は憤慨。ソジンとロビンはおたがいを共有することで同意した。ロビンはハナと一緒にウェブ漫画家の授賞式へ。ラジオ番組への出演もうまくいった。ところが、その記憶はソジンに流入し、ロビンには記憶がない。ロビンは消滅の可能性に怯えるのだった。その夜、ロビンは現われず、ソジンがロビンのふりをしてラジオ番組に出演。収録が終わった途端にロビンが目覚めた。ロビンはハナが気づかなかったことに愕然とする。

    • 第19話
    • 第19話

      ロビンはクォン秘書からソジンが自分を消さないと決意したと聞く。さらに記憶が失われていく感覚をおぼえたロビンは、カン博士を訪ね、1週間後に自分を消してほしいと頼む。そしてハナを旅行に誘う。ロビンは前日と同じことを繰り返し、ハナはカン博士に事情を聞いて号泣。ロビンが去ろうとしていることを知ったのだ。ロビンはロビンとしての記憶をもったまま消えたい。ハナは「いちばん大切な記憶は私が作ってあげる」とロビンに手を差しだし……。

    • 第20話
    • 第20話

      ロビンとハナはみんなに祝福されて結婚式を挙げた。ロビンはハナと最後のキスを交わし、カン博士の催眠療法を受ける。幸せだった記憶を辿っていくうちに、ロビンは……。目覚めたソジンはロビンの記憶と感情が流れ込んでくるのを感じる。ソジンが代表理事に就任する一方、ロビンの新連載開始が発表された。驚いたハナが駆けつけると、ロビンの作業室の机にはソジンがいる。そして、描きかけだったハナの絵が完成していて……。


    • 5月16日(月)21:30~レギュラー放送スタート! 毎週(月・火)21:30~ほか
    • 放送スケジュールはこちら

    How to watch(視聴方法)

    • 「ジキルとハイドに恋した私 」を見るには? 女性チャンネル♪LaLa TVはJ:COMをはじめとするケーブルテレビ、およびスカパー!などでご視聴いただけます。

      詳しくはこちら

      ご視聴の方法に関するお問い合わせ、ご相談は女性チャンネル♪ LaLa TV カスタマーセンターへ 0120-977-888(10:00~18:00 年中無休)

    • キャンペーン中!

      • J:COM WEB得
      • スカパー!申し込みはこちら
    Page top