トキメキ、どどっと。 LaLa TV女性チャンネル♪ LaLa TV女性チャンネル♪ LaLa TV

フリーコール0120-977-888

LaLa TV カスタマーセンター 受付 10:00~18:00(年中無休)

  • DRAMA ドラマ
  • LIVE ライブ
  • CINEMA シネマ
  • LIFE STYLE ライフスタイル
  • 番組表
  • MENU

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア

エピソード

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#1 夢を見る者たち Part1 一覧を見る 一覧を見る

今回発生したのは裕福な一家の殺害事件。夫婦と子供3人全員が、至近距離からショットガンで撃たれて死亡した。物盗りの形跡はないため、怨恨の線で捜査が進められる。また、同様の事件が他州でも発生していることから、関連性についても捜査されることになる。この捜査から戻ったアリソンは、玄関先に見知らぬ男性が座っているのを見つける。実はその男性はアリソンの高校時代のボーイフレンド、クレイ・ビックスだった。クレイによると、彼はインドネシアから泥酔したまま飛行機に乗り、ここまで来たと言う。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#2 夢を見る者たち Part2 一覧を見る 一覧を見る

ブリジットが再び「モンキーヘッド」の悪夢に目覚めたとき、現実の世界では再び、一家惨殺事件が発生していた。これで事件は他州で発生した2件を含め、合計4件になった。その頃デヴァロス検事は一時的に視力を失い、糖尿病と診断された。このためアリソンとスキャンロン刑事は独自に捜査を進めるが、事件は思わぬ形で終結する。侵入犯の3人組を美術商のアラン・ガードナーが射殺したと言うのだ。その夜、アリソンは再びアニメの夢を見る。それはこれまで何度も出てきた、母子が絵を眺めるシーンだった。だが今回は最後にクレイが登場し 意味深な言葉を残す。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#3 パラドックス 一覧を見る 一覧を見る

アリソンは夢で同じ金曜日を3回すごす。それらの夢では、アリソンの選択によって結果が大きく変わる。3回目の夢のあと、目覚めたアリソンは本当の金曜日を迎える。彼女はアリエルに学校を休むよう伝え、ブリジットに罪状認否の説明をすると検事局へ。この日、予定されている殺人事件の罪状認否をホイットマン判事が担当していることや、夢に出てきたマイケル・ウィリアムズが事件の被告、クリーガーの義兄弟だと言うことを知る。デヴァロス検事は、スキャンロンをレストランへ派遣。押し入ったウィリアムズを現行犯逮捕する。翌朝――。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#4 悪魔の末裔 一覧を見る 一覧を見る

チャールズ・ウォーカーが帰ってきた。アリソンはチャールズの妻モーラの出産シーンを夢に見る。モーラは自分の命と引き替えに、腹を割いて我が子を産んだのだった。その翌日、アリソンは霊能者のキャサリンと会ったあと、スーパーでチャールズ・ウォーカーの声を聞き、防犯ミラーに彼と思しきヴィジョンを見る。今回のチャールズの標的はアマンダという女子高生らしい。アリソンはスキャンロンに掛け合い彼女を24時間体制で警備させる。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#5 機械の亡霊

ジョーの誕生日を目前に、フェニックス市では狙撃事件が発生し、街はパニックに陥る。殺害されたのはカフィー夫人。彼女は水曜の夜にカントリークラブでカードゲームを楽しみ11時に会場を出た。そして帰宅途中の幹線道路を車で走行中、銃弾3発を浴びて死亡したのだった。逮捕されたのは被害者の夫、ショーン・カフィー。彼は富豪の妻と結婚前に契約書を作成しており、離婚しても財産分与はない。だが1年ほど前に浮気し、妻は離婚を検討中だった。この事実を突き止めたスキャンロンはショーンを厳しく追及するが、彼は妻殺害を否定する。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#6 直感とひらめき

アリソンが学生時代に読んだ本の著者、FBIの犯罪心理分析官、エドワード・クーパー特別捜査官が捜査のために検事局に現れる。アリソンはこの前夜、彼の夢を見ていた。夢には女性6人を生きたままノコギリで切り刻んで殺す、リチャード・ゴメスという連続殺人犯が登場し、若い女性が襲われていた。この事件ではクーパー捜査官の協力でゴメスが逮捕されたのだが、重要証拠のノコギリが紛失し、彼は釈放されたのだった。一方、今回の事件の犠牲者はリンカーン公園で殺害された16歳の売春婦、ダイアン・コルキット。実はダイアンはアリソンの夢に出てきた被害者だった。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#7 母子(おやこ)の事情

デュボア家の近くのブライダルサロンで、パティとクレア・チェイス親子が殺害される。アリソンは、アリエルとダンスパーティーに着ていくドレスを買いに行ったところ、2人の遺体を発見したのだった。そしてこの事件を巡り、今回はアリソンとアリエルの2人が夢や霊の姿を捉え、事件を解決へ導く。アリエルは母親のパティから、アリエルは娘のクレアから、犯人に関する情報を受け取る。アリエルの夢を元にパティの暴力的な恋人、ベン・ラドリーの名前が浮上。アリエルは面通しに協力するが、アリエルが夢で見た人物と異なると判明する。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#8 尊厳と名誉

今回、アリソンは2種類の夢を見る。1つ目は中高年と思われる男性が、インターネットのポルノサイトを見て首を吊る夢。2つ目は緑色に光る洞窟から、少年が助けを呼ぶ夢だ。中高年の男性はアリゾナ州政に32年間尽力した、ヘンリー・ライコフ議員だった。彼の遺体は寝室で発見されたため、当初は睡眠中の自然死と思われていた。だが、駆けつけた救急隊員が首筋の圧迫痕を発見し、思わぬ事実が判明する。一方、助けを呼ぶ少年は15年前に死亡したジミー(ジャミソン)・ネスラーだった。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#9 安らかな眠り

アリソンは夢で殺人の犠牲者である、2人の霊を見る。1人は下着姿の中年男性、ヴィンセント・ディスカーラ。もう1人は自殺願望のあった内気な青年モーガン・ターリーだった。間もなくアリソンの夢をヒントに、ヴィンセントの妻グラディスが夫殺しの容疑者として逮捕される。夫妻はビール瓶にコースターを敷くかどうかで口論となった。その結果、グラディスがヴィンセントを刺殺し、遺体をバラバラにして裏庭に埋めたのだった。一方、モーガンを殺した犯人はなかなか捕まらない。アリソンは追悼式に参列したり、モーガンのアパートを訪ね、彼の霊と接触する。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#10 邪悪な人形

アリソンは家族全員が人形になり、ドールハウスで暮らす夢を見る。夢では小さな少年が、人形になったデュボア家を監視していた。翌朝目覚めたアリソンはスーパーマーケットで、その少年と出会う。彼は古い人形を持っていた。すると突然、彼女の脳裏に少年が父親らしき人物から虐待されるヴィジョンが飛び込んでくる。やがてその翌朝、虐待を加えていた男性が、自宅のベランダから転落死して発見される。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#11 善意のウソ

プッシュ警部は空き屋に救急車を呼んだ男女が、同乗していた隊員を谷底に突き落として殺害し、逃走するという悪夢を見る。そして翌朝、アリゾナ州フェニックス市で実際に救急隊員が行方不明になっているのを知る。こうしてプッシュ警部がアリソンに連絡したことから、林道脇の谷底から隊員2人の遺体が見つかる。プッシュ警部は、その後も犯人たちの夢を見続けたため、捜査に協力する決意のもと、アリゾナ州にやってくる。一方、デュボア家では「ドラッグを知る会」をきっかけに、ブリジットがジョーの過去をヴィジョンで見る。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#12 とり憑(つ)かれて

ある朝、目覚めたアリソンは突然「自分はサンドラだ」と主張し、ジョーの車のキーを奪って自宅から消える。そうしてサンドラの家に上がり込むとシャワーを浴び、彼女の服を着る。だが間もなくキッチンでアイスクリームを食べていたところ、メイドに見つかり警察に逮捕される。じつはアリソンはサンドラ=ピンズラー・オバノンという大富豪に意識を支配されていた。そのため、鏡に映る自分の姿もサンドラに見えている。これらの状況から、ジョーもスキャンロンも、アリソンが死亡したサンドラの霊に支配されていると考える。だが捜査の結果、サンドラの生存が確認される。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#13 セカンド・オピニオン

アリソンは20歳くらいになった三女のマリーが、白血病で死亡する夢を見る。その夢では担当医のチャニング医師より化学療法に効果がないことを告げられ、マリーはすでに絶望的な状態にある。またマリーは「ミスター・スヌーキー」と言う名前の、片腕のない古いクマのぬいぐるみを抱いている。次の夢では、アリソンが「あんな家を出ればよかった」とジョーに告げている。3つ目の夢ではアリソンがチャニング医師を責め、銃で撃つシーンが見える。アリソンはジョーに夢の話をするのだが、理論的におかしいと言われたために口論となる。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#14 シグナル再び

アリソンと同じ能力を持つソニー・トロイヤーが脱獄した。彼とアリソンの出会いは約9カ月前だ(第2シーズン第18話「シグナル」)。トロイヤーは独りで困っている女性の不安をキャッチし、その様子を夢に見ては女性たちを襲っていた。しかし、アリソンが同じ夢をキャッチしていたことから、彼は3回の終身刑となりアリゾナ州立刑務所に収監されたのだった。そんなトロイヤーから、デヴァロス検事たちの元に面会の要請がある。3年前の行方不明事件のことを全て自供するかわりに、死刑を望む、テキサス州からの身柄引き渡し要求を取り下げろと言うのだ。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#15 残酷な青春

今回の主人公は高校時代のアリソンだ。彼女は母親ダイアンとネコのパブロと暮らしている。また部屋にU2のポスターを貼り、デュラン・デュランなどの音楽を聴き、親友のイジーといつも一緒にいる。このころ彼女は未来の自分を夢に見る。最初の夢では夫のジョーや娘たちと過ごしており、「メーサ大学の科学技術フェアですれ違った」という話をする。次の夢では高校の同級生と思われる青年、スティーヴンが登場し「今でもコミックのファンだ」と語る。ところがここから未来の夢はおぞましい展開となる。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#16 キャンディ

\n\nある神父が、悪魔に憑依されたと思われる女性をたずねると、その女性のベッドがせり上がるというシーンを、アリソンは夢に見る。そして後日、夢に出てきた神父がデヴァロス検事の旧友であり、つい先日亡くなったアルマンド・アギラールだと知る。神父が訪ねていたのはコリーン・バーロウという病気の女性で、彼女の実家は富豪のフィッツパトリック家だった。彼はフィッツパトリック家の階段で足を滑らせ転落死したとされた。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#17 胸騒ぎ

アリソンはジョーの同僚ブルースが家に車で迎えに来る夢を見る。しかしブルースの頭部には大きな穴が開いており、目覚めたアリソンは得体の知れない不安に襲われる。そんななかジョーは早朝の会議に出席するため、車で迎えにきたブルースと出かける。だがアリソンの不安は的中してしまう。なんとブルースが会議の出席者を人質に立て籠もったのだ。人質になったのはジョー、アーロン、管理職のディラン・クラヴィッツ、妊婦のエンジニア、メリンダ・ベルの4人。立て籠もりの目的はクビの撤回だった。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#18 心霊相談室

今回はアリソンの実弟マイケル(あだ名「ラッキー」)が再登場する。彼は電話の有料サービスを利用し、霊能者の人生相談を行っている。そんなある日、得意客のターニャ・キングから「夫が殺された」との電話が入る。じつはその殺人事件の捜査を担当しているのが、スキャンロン刑事とアリソンだった。ターニャはマイケルの信望者で、彼を強引に捜査に参加させる。マイケルがフェニックスに来た目的は単なるカネ稼ぎだった。彼はハナから真面目に霊視をするつもりもなく、何度も霊と遭遇していながら、自分に霊能力を完全に受け入れていない。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#19 凍ったダイヤモンド

アリソンは寝室が雪景色に変わる夢を見る。その後、現実の世界でも吹雪のヴィジョンに襲われ、改修中の家の冷凍庫から、氷漬けになった女性の遺体を発見する。その頃、アリソンはちょうどジェニー・ヘファナンという優秀な女子大生の捜索に参加していた。遺体の容姿から、それはジェニーと思われた。ジェニーは10歳で母親に捨てられ、しばらく姉のヘイリーと暮らしていた。しかし、ヘイリーが突然失踪し、その後は里親の元で育ちながら市の奨学金を獲得し、メーサ大学に通っていた。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#20 頭脳プレイ

アリソンは最近、ある夢を見続けていた。それはウォルター・パクストンという男が、妻ナタリーと口論の末、彼女の首を切り落とすという内容だった。現実の世界では、彼が妻殺しの犯人として逮捕され、現在係争中。パクストン被告の有罪を決定づけるような物証はないものの、状況証拠から彼の有罪は明らかに見えた。そんな中、被告側の最終弁論の当日、パクストン被告は法廷で突然、担当のロムニー弁護士を解雇すると言い出す。実は前日、デヴァロス検事の最終弁論があった。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#21 頭上の敵

パクストン事件の裁判以来、各紙やメディアでは連日、デヴァロス検事に対する批判を展開し、いつしか真犯人は「すげかえ犯」という名前で呼ばれるようになる。このネーミングを考えたのが、P・D・マコールという記者だ。彼女は紙上でデヴァロス検事のやり方を痛烈に批判している。その頃アリソンは、3人目の被害者の首がデブラの胴体についている様子を夢に見る。間もなく、実際にすげかえ犯による犯行が再び起きる。その人物はアリソンの夢に出てきた赤毛の女性、シェリル・アン・ポッツだった。実はアリソンはこの時期、別の夢も見ていた。

ミディアム3 霊能者アリソン・デュボア#22 クライマックス

とうとうアリソンに関する記事が全米紙に掲載され、彼女とデヴァロス検事は記者から追われる。だがちょうどその頃、「すげかえ事件」の4人目の犠牲者が発見され、2人は取材攻撃から解放される。4人目の犠牲者はパメラ・フランクリン。彼女は地元フェニックスの住民だったが、なぜかホテルに宿泊していた。また、犯行時刻と思われる時間帯に、偶然ホテルの火災警報器が作動し、犯人は被害者の首を切り落とさずにその場を去っていた。つまり、3人目の被害者の首は犯行現場には残されておらず、まだデブラの体にすげかえられる可能性があった。