正邪の争いの狭間で命を燃やした、強く美しき剣士たち。 愛と復讐に生きる2人をダークな世界観で描く、 ロマンス・アクション時代劇!

聴雪楼(ちょうせつろう) 愛と復讐の剣客

聴雪楼(ちょうせつろう) 愛と復讐の剣客
© H&R Century Pictures Co., Ltd.

  • 放送日時
  • 11/13(金)放送スタート
    毎週(月)~(金)14:30~

最新の放送日はこちら

イントロダクション

  • 再生回数20億回を突破!
    「ムーラン」「楚喬伝~いばらに咲く花~」に続く傑作ロマンス・アクション時代劇!!
  • 宮廷ドラマブームの火付け役となった「宮廷女官 若曦」(衣装デザイン)、「蘭陵王」(スタイリスト)の衣装スタッフが参加。あでやかな衣装に身を包んだアクションシーンも見どころ。
  • 武侠小説界の巨人・金庸(「射鵰英雄伝」「天龍八部」)が認めた奇才の人気小説を完全映像化!!
  • ユエン・ビンイエン(「将夜 戦乱の帝国」「女医明妃伝~雪の日の誓い~」)、チン・ジュンジエ(「泡沫の夏~トライアングル・ラブ~」)、ハン・チェンユー(「龍珠伝 ラストプリンセス」「山河月明(原題)」)…注目の美男美女が豪華競演!!
  • オダギリ・ジョーとの共演が話題を呼んだ主演映画『宵闇真珠』や、写真家・川島小鳥の被写体となり2年間の撮影をまとめた写真集「violet diary」など、日本でも若い世代を中心に支持を集める香港のスター、アンジェラ・ユンも出演!

CHARACTER

舒靖容/青冥(ユエン・ビンイエン)

舒靖容(じょ・せいよう)/青冥(せいめい)
ユエン・ビンイエン(袁冰妍)
三大飛仙の1人・舒血薇(じょ・けつび)の娘。幼い頃、拝月教に父を殺され、沈沙谷の白帝(はくてい)大師に弟子として引き取られ、青冥と名付けられる。父の形見“血薇剣”を手に、拝月教への復讐を誓い、美貌の女剣士へと成長。

蕭憶情(しょう・おくじょう)

蕭憶情(しょう・おくじょう)
チン・ジュンジエ(秦俊傑)
江湖の頂点に君臨し、世を正す組織・聴雪楼の楼主。生まれつき抱える厥陰(けついん)の病により短命だと宣告されたが、月魂の力で症状を抑えながら生き長らえている。雪谷(せつこく)大師の弟子で、両親を奪った拝月教とは因縁が。

青嵐(せいらん)/迦若(かじゃく)

青嵐(せいらん)/迦若(かじゃく)
ハン・チェンユー(韓承羽)
三大飛仙の1人・白帝(はくてい)大師の一番弟子。非常に腕の立つ剣士だが、ほのかな好意を寄せている妹弟子の青冥(せいめい)には甘い。沈沙谷で起こった痛ましい事件によって、その運命は大きく左右されることに。

明河(めい・か)

明河(めい・か)
アンジェラ・ユン(袁澧林)
拝月教教主・華蓮(かれん)の娘。母親直伝の巫蠱(ふこ)の術で、相手の体内に蠱毒を放ち、苦しめる。とある任務で燁火(ようか)と身分を偽り、そこで出会った青嵐(せいらん)を愛するようになる。やがて拝月教の教主に。

青羽(せいう)/高夢非(こう・ぼうひ)

青羽(せいう)/高夢非(こう・ぼうひ)
ジャオ・ドンザー(趙東沢)
白帝(はくてい)大師の二番弟子。お調子者ではあるが、危機的状況では頼もしい一面も。沈沙谷での事件後に改名。振り向かないと知りながら、小苔(しょうたい)を追いかけているうちに、密かな野望を抱き始める。

池小苔(ち・しょうたい)

池小苔(ち・しょうたい)
リン・ユエン(林源)
三大飛仙の1人・雪谷(せつこく)大師の娘。奔放でそそっかしい性格なため、たびたび騒ぎを起こしては兄弟子の南楚(なん・そ)や憶情(おくじょう)に諫められている。長年、憶情のことを想い続けているが報われない。

CHART

相関図

STORY

  • あらすじ
  • 1話〜10話
  • 11話〜20話
  • 21話〜最終話

“血魔(けつま)”舒血薇(じょ・けつび)の屋敷に迫る覆面の剣士たち――それは拝月教の一団だった。聴雪楼の主・蕭逝水(しょう・せいすい)とともに、拝月教を倒すべく立ち上がった血薇を始末しようという魂胆だ。娘の靖容(せいよう)を守りながら孤軍奮闘する血薇だったが、かつて彼の妻を亡き者にした武芸の達人である拝月教教主・花蓮(かれん)の一撃をかわすことはできなかった。体内に血蟲(けっこ)を埋め込まれた血薇は、意思を奪われた花蓮の操り人形となってしまう。「娘を殺すのだ」。花蓮の非情な声が響く。剣を手に、ゆらりと立ち上がった血薇は、おびえる目で自分を見上げる娘に近づき…。

Coming Soon

Coming Soon

Coming Soon

女性チャンネル♪LaLa TVを観るには?

女性チャンネル♪LaLa TVはJ:COMをはじめとするケーブルテレビ、およびスカパー! などでご視聴いただけます。

ページ先頭へ