フルハウス

エピソード

韓◆フルハウス#1

作家志望のハ・ジウンは、友人ドンウクの勤める銀行の海外旅行イベントに当選し、ドンウクと彼の恋人ヒジンに1人住まいの“フルハウス”を託し、中国旅行に旅立った。隣の席に座ったのは、恋の噂で話題の俳優イ・ヨンジェ。浮き立つジウンは上海の宿泊先ホテルに予約がないことを知ってがく然とする。ドンウクに電話をしてもつながらない。

韓◆フルハウス#2

住まいも家具も売られ、貯金さえも引き出されて怒りの収まらないジウン。ミニョクのかつての恋人だという話がウソだと知って激怒するヨンジェ。そんな2人が“フルハウス”の売り主と買い主の関係とは。亡父が設計した家を手放すこともできず戸外で寝たジウンは熱を出し、やむなく看病したヨンジェは家政婦としてジウンを雇う。

韓◆フルハウス#3 一覧を見る 一覧を見る

思いを寄せていたヘウォンへの当てつけに、ヨンジェは突然、ジウンに契約結婚を提案する。妻として6か月間雇い、給料も払うし、離婚時の慰謝料には“フルハウス”を渡すという好条件。つい飛びついたジウンだが、挙式直前、尊大な態度のヨンジェに怒りが爆発する。お裾分けを頂こうとするドンウクたちに丸め込まれ結婚式を挙げると新婚旅行に出かけた。

韓◆フルハウス#4 一覧を見る 一覧を見る

ヘウォンが訪ねてきても不機嫌そうに対応するヨンジェ。出版社からの電話にいそいそと出かけたものの、原稿を酷評され、欲しいのはヨンジェの私生活の暴露記事だと知らされて激怒するジウン。不満は同居する相手に向けられ、いさかいが絶えない。しかし、ジウンがシノプシスの構成の仕事を得たことを知ると、ヨンジェは誕生日のプレゼントに口述用のレコーダーを用意する。

韓◆フルハウス#5 一覧を見る 一覧を見る

徹夜して書いたジウンの原稿だが、ミニョクの評価は芳しくない。おまけに、ヨンジェにもらったレコーダーを電車に置き忘れてしまった。ミニョクが買ってくれると言うが、それを断るジウン。素直に謝るジウンを口汚く罵りながらも、新しいレコーダーを買うヨンジェ。ところがヘウォンから電話が来ると、平気でジウンとの約束をすっぽかす。ある日、へウォンが入院した。

韓◆フルハウス#6 一覧を見る 一覧を見る

ヘウォンのためにお粥を作るヨンジェ。幼なじみで、ヨンジェの両親とも親しいヘウォン。2人の関係がジウンには分からない。ヘウォンに冷たくしたとヨンジェはミニョクをなじるが、ジウンという妻がいるのになぜヘウォンを気にかけるのかと指摘され、ヨンジェはいらだつ。ミニョクは、ヘウォンよりジウンと話をするのが楽しそうだ。

韓◆フルハウス#7 一覧を見る 一覧を見る

互いに干渉しないはずの約束だったのに、口ゲンカの絶えない2人。それだけ、相手の存在が必要になっているということなのか。ある日、ジウンはヨンジェの実家に招かれ、おばあさんや両親と一緒に花札に熱中し、ヨンジェの部屋で寝ることに。ジウンの不在にいらだつヨンジェは電話をかけ、いつしか子供のころの思い出を語りだし、ジウンはそれに耳を傾ける。

韓◆フルハウス#8 一覧を見る 一覧を見る

ヨンジェとヘウォンの噂が大きくなるのを恐れた事務所の社長は、カモフラージュに、ヨンジェとジウンの新婚生活を取材させる。それでもヘウォンの呼び出しの電話に応じてしまうヨンジェに、ジウンの心は落ち着かない。一方ミニョクは、彼の周りに近づく女たちにはないジウンの新鮮さにひかれる。

韓◆フルハウス#9 一覧を見る 一覧を見る

ジウンと会うときは俺に断ってくれと言うヨンジェの心を見透かしたように、自分は真剣だ、お前こそ自分の心の重心を定めろとミニョクは忠告する。相変わらず、ジウンとの約束をすっぽかしヘウォンに会っていたヨンジェに、ジウンは怒りを爆発させ家を飛び出す。折からの夕立に、ジウンはミニョクに助けの電話を入れ、駆けつけたミニョクはジウンを自宅に運ぶ。

韓◆フルハウス#10 一覧を見る 一覧を見る

ヨンジェは強引にジウンを連れ戻すが、雨にぬれたジウンは熱を出し、ヨンジェは寝ないで看病する。そして、ジウンに言う。お前は俺にとって何でもない人じゃない。ヒジンから契約結婚の話を聞いたミニョクは、チャンスをくれとジウンに迫り、同じ話を小耳に挟んだヘウォンはジウンを訪ね、ヨンジェを取り戻したいと頼み込む。

韓◆フルハウス#11 一覧を見る 一覧を見る

現状を維持したいヨンジェは3年間の契約延長を要求し、契約破棄を恐れたジウンは100項目以上の条件を課し、要求をのんだ。まるで互いに相手の気持ちを確かめ合っているようなぎくしゃくした日々が続く。デートを重ねながらも、ミニョクはジウンの言葉のはしばしに不安を抱く。もしや彼女はヨンジェを愛しているのではと。

韓◆フルハウス#12 一覧を見る 一覧を見る

ヨンジェの主演作の興行成績は思わしくなかった。新婚生活への疑惑の記事を目にした事務所の社長は、スキャンダルの追い打ちは致命的だと考え、たとえ契約結婚だろうと離婚は思いとどまってくれジウンに言い、ヘウォンには、しばらくヨンジェと会うのはやめてくれと頼み込む。離婚話が冗談だったフリをするジウンに、喜んだヨンジェは家事に精を出し、スキャンダルに傷つくジウンを心配するミニョクには、俺が守ると宣言するのだが…。

韓◆フルハウス#13 一覧を見る 一覧を見る

ヨンジェはジウンをスキャンダルに巻き込んで傷つけることを恐れ、彼女から離れようとし、ジウンはヨンジェを助けたいと思い、彼に寄り添おうとする。2人の気持ちはすれ違うばかり。そして、ヘウォンと暮らすためにヨンジェが引っ越しをする日、それはミニョクに誘われてジウンがベネチアの映画祭に旅立つ日。ジウンへの思いをヘウォンに打ち明け、ヨンジェは空港に駆けつけるが、愛する人の姿はなく、うなだれて自宅に帰ると…。

韓◆フルハウス#14 一覧を見る 一覧を見る

ジウンの結婚詐欺説が芸能紙に出た。ヨンジェの弱みを握り、強引に結婚したというのだ。ヨンジェの父親は別れてくれとジウンに頼み、おばあさんは謝りに行ったジウンに会おうともしない。両親のいないジウンにとって、ヨンジェの家族との絶縁は何よりもつらい。もうこれ以上傷つきたくないと、ジウンはヨンジェに離婚を頼む。ヨンジェは記者会見を開き、世界で一番愛する女性を守るために、傷つけないために、離婚しますと述べた。

韓◆フルハウス#15 一覧を見る 一覧を見る

ミニョクはジウンにプロポーズをし、ためらうジウンにいつまでも待つと言う。仕事もしないで山寺にこもり謹慎していたヨンジェは、ジウンがミニョクに裏切られたというドンウクのウソに飛びつき、フルハウスに帰ってくる。父親に謝罪し、ジウンを愛している、彼女と正式に結婚すると言い、プロポーズしようとするが、なかなか言いだせない。一方ジウンは、人を待つことがいかにつらいか分かるからと言って、ミニョクのプロポーズを断る。

韓◆フルハウス#16 一覧を見る 一覧を見る

突然の拙いヨンジェのプロポーズに、ジウンはあきれて言葉も出ない。昨日は、ミニョクと結婚しろと言ったばかりなのに。そして、すぐ始まる口ゲンカ。仕事もなければ引っ越し先もないヨンジェにジウンは提案する。お金は要らないから家事手伝いとして雇うわ。立場が逆転したヨンジェは自信をなくし、ヨンジェから資金を引き出そうとするドンウクとヒジンの作った“女心をつかむ方法”にすがる。果たしてヨンジェの努力は報われるのか?