偉大なショー~恋も公約も守ります!~<ノーカット字幕版>

エピソード

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#1 一覧を見る 一覧を見る

インジュ市中央区から国会議員の総選挙に出馬したウィ・デハンは、高校の同級生ジュンホの父親でもあるカン・ギョンフン議員と激しい争いを繰り広げていた。しかし勝負が互角に進む中、デハンが8歳の頃に別れた父親が死んだと連絡が入る。デハンは父親を孤独死させた親不孝者として、突如人々から非難されることに。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#2 一覧を見る 一覧を見る

突如、実の娘と主張するダジョンが現れ、困惑するデハン。3人の弟妹とともに面倒を見てほしいと頼まれるが受け入れられずにいる。ダジョンの提案で親子鑑定を依頼することになるが、デハンは検査の結果がどうであれ一緒に暮らす意志はないことを告げ、児童養護施設に入ることを勧める。それに失望したダジョンたちはデハンの家を出ていき元の家に戻ったが、借金取りに押しかけられ窮地に。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#3 一覧を見る 一覧を見る

親不孝者のレッテルをはがして政界に復帰したいデハンは、一度は追い出した4人兄弟を再び受け入れる決心をし、ダジョンに一緒に暮らそうと提案する。急に手のひらを返したデハンの態度をいぶかしがりつつも、ダジョンはこの提案を受け入れることに。こうして再び始まったデハンと4人兄弟の生活だが、デハンは子供たちに振り回され、貯金は減る一方だ。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#4 一覧を見る 一覧を見る

車道に飛び出したテプンをかばってバスにぶつかったデハンだが、実は無傷であり、意識を失っていたのもすべて演技だった。しかし事故の件が報道されるとデハンは称賛され、“親不孝者”から一転、“理想の父”と呼ばれることに。ラジオ番組からも出演依頼が入り、ついにはリニューアルした「論争」のパネラーにも起用される。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#5 一覧を見る 一覧を見る

“理想の父”として一躍話題になり、討論番組に出演することになったデハン。堕胎罪の改正法案をテーマに生命の尊さや、メディアでよい父親を演じたことで国民の評価を得た。しかしその直後、まだ高校生の娘ダジョンの妊娠が発覚。我が身に降りかかったことで、自身の発言と現実との間で困惑する。子供の父親であるジョンウは責任を感じ産む決断をするが、デハンはダジョンが未成年であることを理由に反対する。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#6 一覧を見る 一覧を見る

妊娠が発覚したダジョン。中絶手術を受けると決めたものの、病院から戻ったダジョンは突如「子供を産む」と宣言する。何としてでも手術を受けさせたいデハンはダジョンを説得しようと試みるが、ダジョンの意志は固い。そこでデハンは、ジョンウが所属する芸能事務所の社長に会いに行くことに。一方その頃、インジュ市場では、中央区に建設予定の公営賃貸住宅をめぐり、賛成派と反対派による対立が起きていた。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#7 一覧を見る 一覧を見る

「論争」でダジョンの妊娠を認め、子供を産むと宣言したデハン。彼の評価は更に上がるが、翌朝は自宅にまで記者が押し掛けることに。そんな中、ダジョンは引き続き学校へ通うことを望み校長も許可するが、それを知った保護者の間で反対運動が起こる。また、学校でからかわれたタクがクラスメートの脚をペンで刺す暴力事件を起こし、デハンは病院まで謝罪に行くのだった。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#8 一覧を見る 一覧を見る

父親ドンナムが急に現れて喜ぶテプンとソンイ。これで子供たちを父親の元に返せると期待したデハンだが、出稼ぎを理由にしばらく子供たちの面倒を見てほしいと頼まれる。怪しんだデハンは、ドンナムについて調べるようボンジュに指示した。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#9 一覧を見る 一覧を見る

デハンがダジョンの実父でないことを知るハン・ドンナムは、事実をマスコミに公表しない代わりとしてデハンに金銭を要求する。公営住宅反対派のカン議員を刺した賛成派の若者がデハンの支持者であることが明らかになると、デハンが事件の首謀者ではないかと疑われ、さらに公営住宅を巡る世論は一気に反対派に傾き住民投票で否決されることとなる。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#10 一覧を見る 一覧を見る

ついに政治家になる決心をし、デハンの自宅近くに越してきたジュンホ。弁護士事務所も辞め、選挙では父親の後継者としてではなく無所属で出馬すると宣言する。そんな中、空席になっているインジュ市場の顧問の話をハンスに持ちかけられたデハン。インジュ市場で育ったデハンにとって、市場の住民は絶好の支持層であり、それを味方につけ票固めをしろと言うのだ。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#11 一覧を見る 一覧を見る

突如、ペク代表にウッズ流通のイ常務を紹介されたデハンは、ウッズモール建設に反対するインジュ市場の商人たちを説得するよう頼まれた。総選挙に向けチョンジン党の公認が欲しいデハンは、補償金で納得するよう商人たちをうまく説得して回る。そして何とか迎えた協約の場だったが話がまとまらず、さらには事業推進の背景に疑問を抱いたジュンホの追及により決裂してしまう。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#12 一覧を見る 一覧を見る

ウッズモール誘致のために、チョン市長とカン議員が結託していることに気付いたデハン。インジュ市場の人々を守るため、ジュンホと共に対策を練るが、ウッズ流通は敷地の一部を手放して強引に建設事業を進めてしまう。そんな中、手放した土地の購入に積極的なホジク建設という会社の存在が明らかになる。しかもホジク建設の前身であるテフンエレベーターは、14年前にウッズデパートで起きたエレベーター落下事故の施工業者だった。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#13 一覧を見る 一覧を見る

総選挙に向けチョンジン党公認審査会が開かれ、面接で手応えをつかんだデハン。そんな中タクが集団暴行事件の加害者として警察に拘束され、デハンは自らの政治生命を懸けタクの無実を証明するべく奔走する。ダジョンのクラスメートの証言により、事件の一部始終が録画された車載カメラを入手し、タクが濡れ衣を着せられていたことを証明したデハンにタクも心を開き始める。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#14 一覧を見る 一覧を見る

“親子契約書”の存在をスヒョンに知られ、ダジョンとは実の親子ではないことがバレてしまう。デハンは弁明するも、スヒョンからののしられ返す言葉もない。その翌日、公認審査の結果が発表され、ホジク建設の件でペク代表の恨みをかったデハンは公認候補から外されてしまう。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#15 一覧を見る 一覧を見る

子供たちの父親ドンナムがダジョン以外の3人の子供を春川に連れて帰ると言い出し、子供たちと別れることになったデハン。しかし、デハンの邪魔をしようと企む敵陣営に、その事実を利用した中傷メールを拡散される。そんな逆境でもデハンは自分らしいやり方で支持率単独1位を獲得。デハンとジュンホの一騎打ち状態の中、デハンは勝利を確信する。

韓◆偉大なショー~恋も公約も守ります!~#16 一覧を見る 一覧を見る

ダジョンの実父に関する話を口外しない代わりに、立候補を辞退するようジュンホに迫られたデハンは、徹夜で悩んだ末に辞退することを決意する。記者会見を開き、子供たちを引き取ったのは自分のイメージ回復が目的だったことを明らかにするデハン。謝罪の言葉と共に辞退の意向を述べようとするが、引き止めようと現れたダジョンによって、会見は思わぬ方向に進んでいく。