舞台◆ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-

マリー・アントワネットの生誕250年を記念しての公演。出演者:湖月わたる、白羽ゆり、安蘭けい、大空祐飛 ほか(2006年・星組・宝塚大劇場)
2006年 日本

池田理代子原作「ベルサイユのばら」より©宝塚歌劇団 ©宝塚クリエイティブアーツ

  • HD
  • ライブ

次回放送予定

2020/08/29 (土) 04:00~07:15
舞台◆ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編- (2006年・星組・宝塚大劇場)

フェルゼンとアントワネットの愛と運命を中心に描かれ、オスカルが役替りで演じられた。今回は大空祐飛が演じたバージョン。オーストリア帝国ハプスブルグ家から14歳でフランス、ブルボン王朝の王太子に嫁いでから十数年、アントワネット(白羽)の心は孤独に苛まされていた。そんな時アントワネットは、オペラ座の仮面舞踏会でスウェーデンの若き貴公子、フェルゼン(湖月)に出会い、2人は運命的な恋に落ちる。

放送予定一覧
エピソード一覧