トキメキ、どどっと。 LaLa TV

  • DRAMA ドラマ
  • LIVE ライブ
  • CINEMA シネマ
  • LIFE STYLE ライフスタイル
  • 番組表
  • MENU

密会

エピソード

韓◆密会#1

ソハン芸術財団傘下のソハンアートセンター企画室長オ・ヘウォンは、ソハングループ会長の後妻で財団理事長のハン・ソンスクと、会長の娘でアートセンター代表のソ・ヨンウとの不仲に手を焼く中、音楽祭の準備を進めていた。音楽祭当日、バイク便の配達員イ・ソンジェは、ヘウォンの夫でソハン大学ピアノ科教授のカン・ジュニョン宛に荷物を届けに行く。舞台のピアノを目にしたソンジェは、衝動に駆られてピアノに触れてしまう。

韓◆密会#2

優秀な人材を育成したいジュニョンはソンジェのピアノ演奏に目をつける。後日、ジュニョンはソンジェを自宅に呼び、ヘウォンに実力を見極めてほしいと頼む。独学で身につけたソンジェの演奏にはじめは期待していなかったヘウォンだったが、荒削りながらも才能を秘めた瑞々しい演奏に時間を忘れるほど聴き入ってしまう。一方、ヘウォンの自宅でピアノを弾くソンジェを見たヨンウは裏口入学の斡旋だと誤解し、ジュニョンを呼び出す。

韓◆密会#3

ソハン大学を受験することになったソンジェは、ヘウォンから漂う知性と大人の色気に密かに欲情してしまう。ソンジェは運命を感じたと告白するが、あなたの先生はジュニョンだと告げるだけでヘウォンは取り合わない。ところが、ソンジェが自分を女性として見ていることを偶然知ってしまったヘウォンは、内心浮かれていることに気づき戸惑う。ジュニョンとヘウォンの指導を前日まで受け、ついにソンジェは入試当日を迎える。

韓◆密会#4

帰宅したヘウォンの元に突然現れたソンジェは、気持ちが抑えきれずヘウォンを抱きしめ唇を奪う。だがジュニョンからの帰宅の電話に動揺したヘウォンは、お酒に酔って記憶がないと言い訳してソンジェを追い返す。傷ついたソンジェは、へウォンの前から姿を消しピアノからも遠ざかる。そんなある日、ソンジェは耳障りなピアノ演奏に腹を立てて暴れ、逮捕されてしまう。高額な示談金を提示されたソンジェを友人たちは心配するが…。

韓◆密会#5

ジュニョンに連れられ帰宅したソンジェ。才能豊かな逸材がいよいよ自分の弟子になると、ジュニョンは有頂天になる。ヘウォンはジュニョン宛に届いたソンジェの恋人タミからのメールを偶然読み、2人の関係に心がざわつく。ソンジェは頑なに自分を拒むヘウォンを呼び止めてピアノを聴いてほしいと告げる。ヘウォンは指導する立場を強調して了承するも、その理性をも揺さぶる情熱的な演奏に2人の心の距離は次第に縮まっていく。

韓◆密会#6

ジュニョンが引き止めるのも聞かず、自宅に帰ってしまったソンジェ。ヘウォンは友人に会うとジュニョンに嘘をついて、すぐにソンジェの元を訪ねる。実直なソンジェに心を乱されるヘウォンは、その思いを必死にけん制しようとするが、ソンジェは何も考えずに自分を愛してほしいと素直に伝える。その頃、ジュニョンもまたソンジェを心配して自宅を訪ねると、ドア越しに耳を疑いたくなるような2人の仲むつまじい会話が聞こえてくる。

韓◆密会#7

横暴なヨンウに怪我を負わされたヘウォンは、職場での人間関係に嫌気が差し、ソンジェを呼び出して自分の車を運転させる。助手席で目を閉じる疲れ果てたヘウォンを見て心を痛めたソンジェは、ホテルの部屋を取ろうとするが、我に返ったヘウォンはソンジェを置き去りにして帰ってしまう。迎えたソハン大学の入学オーディション当日、ソンジェはヘウォンに称賛された楽曲を教授らの前でミスなく演奏し、晴れて大学入学を果たす。

韓◆密会#8

ソンジェはヨンウに侮辱されるヘウォンの姿を思い出し、そばにいてあげたいとヘウォンを自宅に誘う。ところが突然タミが来てしまい、焦ったソンジェはタミを外に連れ出すが、その様子をヘウォンが目撃してしまう。翌日、レッスンに来たソンジェに嫉妬まじりのヒステリックな感情をぶつけるヘウォン。その後も師弟関係を取り繕うも、もはや感情のコントロールが出来ないヘウォンは、ついにソンジェの思いを受け入れてしまう。

韓◆密会#9

ソンジェと心を許しあった翌朝、ヘウォンは正直な気持ちをつづったメールを送る。自分を守るために汚れ役を引き受けようとするヘウォンの熱い気持ちに、ソンジェは目頭を熱くする。2人の関係を隠すため、平静を装うヘウォンだったが、言動の端々からその関係を敏感に感じ取った理事長のソンスクは、ジュニョンをソンジェの指導から外してしまう。そして、ヘウォンとソンジェは二人三脚でコンクールの予選に向けて練習を始める。

韓◆密会#10

学内で単独演奏会を開くことになったソンジェ。その映像をコンクールの予選に送るとあって、日々レッスンに励むも緊張を隠せずにいた。演奏会当日、ヘウォンは舞台が一番よく見える場所からソンジェを見守る。そして無事に弾き終えたソンジェは、安堵の表情でアンコール曲をヘウォンのために捧げる。関係者が集まる打ち上げの席に、主役のソンジェとヘウォンが現れずにいる中、2人の関係を怪しむジュニョンは会場内を捜し始める。

韓◆密会#11

ソハングループのソ会長が強制捜査の対象となり、ヘウォンは事態の収拾に忙殺される。自分とは別世界にいるヘウォンを見守ることしか出来ず、もどかしくなったソンジェは会長宅の近くまで行き、ヘウォンを呼び出す。その頃、すでに2人の関係に気づき始めていた周囲は、各々物証を押さえようと密かに動いていた。会長宅を抜け出しソンジェのもとへ駆けつけたヘウォンに、尾行していたと思われる人物から1通のメールが届く。

韓◆密会#12 一覧を見る 一覧を見る

ジュニョンに今すぐ別れたら許すと言われるも、ソ会長が逮捕されヘウォンはそれどころではない。ヘウォンとの面会を急ぐ会長の様子に、ソンスクはヘウォンが相当額の裏金を管理していると疑う。ソハン一族の騒動に巻き込まれないよう、ヘウォンはソンジェを留学させようと計画するが、ソンジェもまたヘウォンを汚れた世界から救い出そうと行動に出る。ある日、ソンジェは自宅階下の食堂に行くと、そこにヘウォンがいて…。

韓◆密会#13 一覧を見る 一覧を見る

突然、アートセンターを訪れたタミは、ヘウォンにソンジェとは会わないでほしいと警告する。動揺を隠せないヘウォンだったが、その後、釈放されたソ会長から小遣いという名の大金を渡され、自分が切り捨てられようとしていることに気づく。知人のアトリエにソンジェを呼び出したヘウォンは、しばらくジュニョンと夫婦円満を演じ、反撃のチャンスを待つと宣言する。ソンジェは、そんな彼女を同情するような目で見つめる。

韓◆密会#14 一覧を見る 一覧を見る

自宅で雑誌の取材を受けることになったヘウォン夫妻とソンジェ。仲むつまじい夫婦を装うジュニョンに対し、その状況に困惑するヘウォンとソンジェ。様子を窺いに集まった関係者たちも、しらじらしい雰囲気に息苦しさを感じていた。一方で、会長の身代わりになることを拒否したヘウォンを破滅させようと、ヨンウの夫であるキム専務とソンスクが動き始める。ヘウォンが行った不正の資料が集められ、汚職に関与する疑惑が流失する。

韓◆密会#15 一覧を見る 一覧を見る

ヘウォンに対する包囲網が少しずつ狭まる中でも逢瀬を重ねるヘウォンとソンジェ。そんな中、ついにヘウォンの自宅に強制捜査が入り、寝耳に水の事態にジュニョンは混乱する。しかし家宅捜索でも不正の証拠が挙がらず焦るソンスクだったが、今度は怒りを爆発させたジュニョンが姦通罪でヘウォンを訴えようとする。ソンジェの自宅でつかの間の安らぎを得るヘウォンだったが、そこに警察を引き連れたジュニョンが乗り込んでくる。

韓◆密会#16 一覧を見る 一覧を見る

キム専務と裏取引をして再び権力を持ったヘウォンに失望するソンジェ。汚れた世界にうんざりしたソンジェは退学を決意し、大学を辞める友達らと最後の演奏会を開こうと準備を進める。その頃、ソンスクが失脚し、ついに財団理事長の座を手に入れたヘウォンだったが、表情は晴れずにいた。演奏会当日、心から音楽を楽しむソンジェたちの演奏を聴いたヘウォンは、理事長就任の直前に大きな覚悟を胸に秘め、ソンジェの自宅を訪ねる。