トキメキ、どどっと。 LaLa TV

  • DRAMA ドラマ
  • LIVE ライブ
  • CINEMA シネマ
  • LIFE STYLE ライフスタイル
  • 番組表
  • MENU

夜を歩く士<ソンビ>

エピソード

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#1

弘文館の文官ソンヨルは、親友のチョンヒョン世子が書いた小説と偶然目撃した後宮の遺体から、宮中に住まう吸血鬼の存在に気づく。朝鮮王朝が200年もの間、悪の吸血鬼クィに支配されてきたと知ったソンヨルは、チョンヒョン世子と力を合わせてクィを退治しようと決意。だが、チョンヒョン世子とソンヨルの父、婚約者のミョンヒまでもがクィによって死に追いやられ、ソンヨルはクィを倒す使命を背負った吸血鬼として生きることになる。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#2

120年後。クィを倒す秘策が記された『チョンヒョン世子備忘録』を探すため、書籍商人のヤンソンを呼んだソンヨル。ヤンソンは彼の美しさを絶賛するが、激しい吸血欲求に駆られたソンヨルは逃げるように席を立つ。一方、世孫の身分を隠して春画を描いていたユンは、旧友に似たヤンソンに興味を抱く。そんな中、淫乱書生の小説とユンの父・サドン世子の死に関する怪文書が出回り、ヒョンジョの元にユンの廃位を求める上疏文が殺到する。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#3

ソンヨルはクィの追跡を振り切り、やっとのことでヤンソンを救出。スヒャンはクィに匂いを知られたヤンソンを殺そうと提案するが、ソンヨルに戒められる。一方、約束の場所でヤンソンを待ち続けていたユンは、自分を監視する男に気づいて後を追う。そんな中、ヤンソンは無事に目を覚まし、120年前の『吸血鬼伝』を手に入れた本屋にソンヨルを案内。ソンヨルは天真爛漫なヤンソンを見つめながら、ミョンヒとの幸せだった日々を回想する。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#4

ミョンヒに瓜二つのヘリョンを街で見かけ、思わず抱きしめたソンヨル。ヘリョンはそんなソンヨルを平手打ちし、冷たく背を向ける。一方、ヤンソンは本屋の主人と父のチョ・センがサドン世子の書籍仲介人として働いていたことを知って驚く。そんな中、ヒョンジョはユンに淫乱書生の追捕を命じ、サドン世子の命日に宴会を開けと指示。ソンヨルは、同じ日に開かれるサドン世子の鎮魂祭で淫乱書生の小説の続編が配布されるという噂を広め…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#5

ソンヨルは怪文書を回収するが、王室を牛耳る吸血鬼の噂は瞬く間に世間に広まる。クィより先に淫乱書生を探すため、ソンヨルは情報収集を急ぐ。一方、ヤンソンは父の必死の説得に負け、ソンヨルの仕事を断ることを決意する。ユンはひょんなことからヤンソンが女性だと気づくが、素知らぬふりで居酒屋に誘う。ソンヨルの話ばかりするヤンソンを見ながら、ほのかな嫉妬を覚えるユン。その後、酔ったヤンソンの前にソンヨルが現れ…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#6

布袋の持ち主を探すため、書籍商人を集めたクィ。一人の商人がクィに噛まれて吸血鬼と化すと、全員が死の連鎖に巻き込まれてしまう。済州島に発つことになったヤンソンは、前の晩のキスについてソンヨルに尋ねようとするが、彼のそっけない反応を見て口をつぐむ。そんな中、ソンヨルは淫乱書生の正体がユンだったことに気づいて驚く。ヤンソンの父、チョセンは自宅の床下から『チョンヒョン世子備忘録』と筆箱を密かに掘り出すが…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#7

クィとの闘いで深手を負ったソンヨル。ヤンソンは済州島行きの船には乗らず、必死に彼を看病する。やがてソンヨルは意識を取り戻すが、激しい吸血衝動に駆られてヤンソンに襲いかかりそうになる。一方、ヘリョンはソンヨルを連れてくるという条件で自分を王妃の座につけることをクィに約束させ、偶然を装ってソンヨルに接近する。ユンは罪のない民が次々とクィの犠牲になることに憤り、自分が淫乱書生だと名乗り出る決意をするが…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#8

ソンヨルに恋心を伝えたヤンソンは、彼の冷たい態度に傷つく。一方、チョセンはヤンソンの実父を殺したソンヨルが『チョンヒョン世子備忘録』を探していると知って震え上がり、慌てて済州島に発とうとする。その頃、ユンは淫乱書生の正体を明かす準備を進めていた。ソンヨルは「クィを倒す」という同じ志を持っていることをユンに告げ、協力を申し出る。ところが、ヒョンジョ王の命令によってヤンソンが淫乱書生として捕らえられ…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#9

拷問にかけられたヤンソンは父を救うために偽の自白をするが、チョセンも自分が淫乱書生だと訴えて娘を守ろうとする。ソンヨルは牢獄に忍び込み、チョセンに『チョンヒョン世子備忘録』の在り処を尋ねる。吸血鬼のソンヨルを恐れて返事をためらうチョセン。しかし、ヤンソンを抱き締める彼を見て10年前の出来事を思い出し…。一方、ヒョンジョ王はクィを倒そうとしていることを初めてユンに明かし、必ず生き延びて民を守れと告げる。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#10

父を失い、奴婢の身分に落とされたヤンソン。傷だらけの体で働く姿を見たユンは胸を痛めるが、ヤンソンは二度と自分の前に現れないでほしいとユンに告げる。チョセンの遺言を手がかりに『チョンヒョン世子備忘録』を発見したソンヨルは、クィを倒すにはユンの協力が必要だと気づく。そんな中、ソンヨルは瀕死のヤンソンを自分の血で治療し、気持ちを伝えてキスをするが…。一方、クィはヘリョンに200年前に死んだ恋人の話を明かす。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#11

崖から身を投げようとしていたヤンソンはソンヨルに救われ、彼の屋敷で家事をしながら暮らすことになる。一方、クィはユンをヘリョンと結婚させよとヒョンジョ王に命じる。そんな中、ソンヨルはソ・ジョンドの屋敷を訪れ、ジョンドの命日になるとやってくる猟師の存在を知る。その猟師はユンの武芸の師匠を務めていたペク・イノだった。イノは自分に会いに来たソンヨルが吸血鬼だと気づき、ジョンドの仇とみなして銃で撃ってしまう。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#12

ヤンソンがジンだったことを知り、驚くユン。一方、ヘリョンはユンをかばって刺客が放った矢を受ける。彼女の思惑通り、ヘリョンが世孫妃になる女性だと知ったユンは縁談を受け入れる。そんな中、ソンヨルはユンの信頼を取り戻し、ユンの婚礼が行われる新宮殿でクィを倒す計画が進められていると知る。ソンヨルはヒョンジョ王に謁見し、秘策の一つである“母系”の謎を解くために『チョンヒョン世子備忘録』を渡して協力を求めるが…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#13

クィを倒す計画は失敗に終わり、婚礼の宴は血の海と化す。イノを救い出したソンヨルは、ヤンソンが秘策だという話を聞いて驚く。一方、ユンはヤンソンをクィの生贄にする決意をし、彼女を探し始める。その頃、ソンヨルの安否を確かめようと宮中に忍び込んだヤンソンは、ヘリョンからソンヨルが吸血鬼だと聞かされ衝撃を受けていた。やがてヒョンジョ王はユンに遺書を残し、クィの元へ。ハギョンもユンのために命を差し出す覚悟をする。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#14

吸血鬼化したハギョンにとどめを刺そうとするソンヨル。その様子を見たヤンソンはショックで気を失い、目を覚ますと怯えた様子でソンヨルを避ける。ソンヨルはクィからヤンソンを守るために自分のもとを去れと告げ、わざと吸血鬼としての姿を見せつけて冷たく接する。一方、父ヒョンジョ王を失ったユンは王位を継ぎ、クィを倒す秘策であるヤンソンを探し続ける。そんな中、クィはヘリョンにソンヨルの黒い衣を奪って来いと命じ…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#15

日光にさらされながらもユンからヤンソンを守ろうとしたソンヨル。ヤンソンは動物の血を手に入れ、ソンヨルの命を救う。一方、ヘリョンは衣をユンに渡し、クィにはソンヨルを騙せなかったと嘘をつく。クィは朝議を深夜に変えさせて重臣たちの前に姿を現し、ユンに先王を罪人とする即位教書を読ませる。スヒャンはソンヨルの屋敷を訪れ、クィがソンヨルを誘き出すために王宮に生娘を献上せよというお触れを出したことを知らせるが…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#16

ヤンソンはクィの生贄になる覚悟を決め、ソンヨルの元を去る。一方、領議政から黒い衣を着た者たちが貢女を連れ去っているという報告を受けたユンは、黒衣団の逮捕を命令。だが、ユンは誰の命も犠牲にしない方法でクィを倒そうと決心していた。ユンの動きを怪しんだクィは吸血鬼化したハギョンを利用し、彼の祖父である左議政を操ろうとする。そんな中、ユンはソンヨルに黒い衣を返し、再び力を合わせて貢女たちを救い出そうとするが…。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#17

クィは自分の子孫であるヤンソンをソンヨルの前で殺そうとする。クィに立ち向かったソンヨルはあっけなく倒れ、ヤンソンは彼を救うために自分の血を飲ませる。ところがその瞬間、ソンヨルは狂暴な吸血鬼に豹変。吸血鬼の本能に支配されたソンヨルは、徐々に人間の心を失っていく。一方、領議政はソンヨルが“宮殿に棲む吸血鬼”であるとでっち上げて、彼と内通した罪でユンを廃位することをクィに提案し、ユンとヘリョンを投獄する。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#18

クィはユンを流刑に処し、重臣たちの前で自分が王だと宣言する。一方、ソンヨルは無事に目を覚ますが、狂暴化していた間の記憶は失われていた。そんな中、クィは市中に吸血鬼を放って民を襲わせ、自ら退治に向かう。民はクィを救世主と崇め、ソンヨルを宮殿に棲む吸血鬼だと誤解して恐れるようになる。ユンは苦悩するソンヨルを励まし、自分も黒衣団と共にクィと戦うと告げる。ヤンソンは民の誤解を解くため、小説の執筆を再開する。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#19

ヤンソンの小説『夜の士(ソンビ)伝』が人気を博し、ソンヨルを支持する民が増えていく。だが、クィを倒して自分も姿を消すというソンヨルの決意は変わらない。ユンは闘いが終わった後も生き続けてヤンソンを守り、自分の友になってほしいとソンヨルに告げる。そんな中、ヤンソンはクィの地下宮殿を爆破してはどうかとソンヨルに提案するが…。一方、クィは黒衣団を率いるユンを捕らえるため、ヘリョンを公開処刑すると宣言する。

韓◆夜を歩く士〈ソンビ〉#20

命懸けでクィを倒す決意をしたソンヨルは、黒衣団を集め、自分がクィと闘っている間に地下宮殿を爆破せよと指示する。一方、クィはソンヨルを迎え撃つため、宮中の人々をすべて吸血鬼に変えてしまう。これを知ったユンは、ヤンソンとホジンを連れて宮殿へ。ソンヨルは宮中を埋め尽くす吸血鬼を倒し、クィを地下宮殿に誘い込む。ヤンソンは地下宮殿でソンヨルを待ち伏せ、クィとの闘いに備えて自分の血を吸ってほしいと告げるが…。