「わたプロ」とは?

ジェーン・スーの大ベストセラー『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(「わたプロ」)がついにドラマ化! 気づけばアナタも 未婚のプロ 知らず知らずのうちにやってしまっているアレコレを、笑って、泣いて、喋って、楽しむ101通りの“逆”結婚指南書「わたプロ」が101のエピソードに! 映画やドラマ、CMなどで注目を集める話題のクリエーター×個性豊かな俳優陣× 女の核心に迫る脚本家たちが、<プロポーズされない“101の理由”>をお届け!この組み合わせによって、透明感あふれる映画系バージョン、絶妙な会話劇が繰り広げられるコメディタッチバージョン、友情や愛情に溢れる物語にジーンとさせられる感動バージョン…そして、まさかのホラー系バージョン(!?)など、101通りのドラマが展開! 結婚“できない”“しない”女性のみならず、複雑な女心を知りたい男性も必見の“人間洞察エンターテインメント”ついにスタート!
女優の鈴木砂羽が「わたプロ」で監督に初挑戦
さらに別のエピソードでは主演女優として「わたプロ」に登場します。鈴木砂羽監督デビュー作の主演には、川村エミコ(たんぽぽ)が決定!

原作者よりコメント

ジェーン・スー

まさか私と女友達の寝言が、本になるだけでなく映像化されるなんて!冥土の土産がまたひとつ増えました。どんな物語に仕上がるのか楽しみでワクワクしてます。 ジェーン・スー(作詞家/ラジオパーソナリティ/コラムニスト)

シーズン1キャストには20~40代の個性的な女優陣が集結!(50音順)

  • 相武紗季 タイトルから甘い恋愛物かと思いきや、ダークファンタジーのような世界がひろがっていて新しいタイプの恋愛ドラマだなと思いました。脚本を読んでいても、どんな完成になるのか予想がつきません。それがとても気持ちよく、想像できないものを作るワクワク感でいっぱいです。観る方にサスペンスのようなドキドキと共感を持って見ていただけるように頑張ります。
  • 市川実和子 このタイトル、現在独身のわたしは、かなり体現していると思えるのですけれど、3つのエピソードを演じてみて、なるほど、こういうケースもあるのかと色んな意味で勉強になりました。とにかくセリフを喋りっぱなしの8分間の会話劇、どうぞお楽しみください!
  • 井上和香 本当に初日は緊張していたんですが、現場はとても楽しかったです。私が今まで彼に対して、やってしまったことが多かったので、とても共感出来る作品でした。ただ私が演じた麗子ちゃんほど自信過剰ではなかったですが…(笑)でも好きな人のために尽くしてしまう気持ちもよくわかりました。色んな女性が登場してくる作品なので共感してもいいし、こんな子いないよ!って笑ってくれてもいいと思います。ぜひ自分が共感出来るキャラクターを探してみてくださいね。
  • 大和田美帆 初めて台本を読んだ時、爆笑しながら「わかるわかる!」と呟いた私が、実際プロポーズされたことがあるというのは誠に奇跡なのだと思います。福田さん節炸裂の結婚できない女のエピソード、身も心も裸にして全力で演じさせていただきます。
  • たんぽぽ 川村エミコ 普段あまりしゃべらないのですが、今回は劇中で普段の1週間分くらいの話したんじゃないかと思っています。そして、今回は鈴木砂羽さんが監督ということで、「こうやったらいいんだよ」と女優さんとしても、とってもわかりやすく教えていただきました。正直どこまでついていけたかは、不安ですが…今度こっそり聞いてみようと思います(笑)。監督のおかげで楽しく撮影を行うことが出来ました。プロポーズされない方、これからご結婚される方にもいい部分も悪い部分も見られると思いますので、自分と照らし合わせながら楽しんでいただければと思います。
  • 木南晴夏 久しぶりの福田作品。セリフ合戦の台本にドキドキしています。結婚できない理由になるほどと感心しつつ、三役それぞれの女性をそのままに演じたいと思います。
  • 小島聖 まず台本を読んでみて、ドラマの中だけのお話というより、現実にありそうなエピソードだなって感じました。ご覧頂く方々には、親近感を持って見てもらえたら嬉しいです。
  • 酒井若菜 「天才バカ菜ちゃん」かつて佐藤二朗さんが私につけてくれたあだ名です。あれから10年近い月日が経ち、今はそのあだ名もすっかり簡略化され、最近では二朗さんは私を「バカ菜ちゃん」と呼びます。ただのバカ菜ちゃん。天才、どこいった。二朗さんワールドに入り、二朗さんを独占できる喜びを感じながら、二朗さんに食らいついていきたいと思います。無論相性は抜群です。というか、二朗さんのあの芝居についていけるのは私しかいないはず!笑 お楽しみに。
  • 佐藤めぐみ 結婚って自分の人生にとって何なのか。ぐるぐると社会で心の中で闘っている女性たち。誰もがその葛藤を一度はした事ありますよね。私もその中の一人です!このお話は、そんな女の子の痛いところや必死さが詰まってると思います。最後は何を選択するのか!女の子って意外と冷静で逞しいかも!!観た後、少し景色が変わってくれたら嬉しいです。今年三十路なので、等身大の気持ちを表現したいです。
  • 谷村美月 市川さんとは初めてご一緒させていただくのですが、ある俳優さんとは何度か共演させて頂いているので、「またか」っていう感じです(笑)。どなたかはお楽しみにされてくださいね。出演者が少ないので、現場ではみなさんとの掛け合いを楽しませて頂いてます。すごく見やすい作品ですし、女性に「うん、うん」と共感していただける作品になっていますので、ぜひ続けてお楽しみいただけるとうれしいです。
  • 平山あや 私が演じる「千香」は何でも彼氏に合わせてしまう女性。私自身とは正反対の女性なので、演じるのが楽しかったです。見てくださるみなさんも、共感できたりできなかったり。「周りにもこういう女の子いるなぁ」と思えたり。とにかく笑えて、ちょっぴり切なく、とても楽しめる作品になっていると思います。なので、ぜひみなさんもドラマを見ながら、恋愛について、結婚について考えてみてください。
  • 渡辺真起子 できればプロポーズされない理由など知りたくない。私の何が悪かったかなど、今更考えたところで、20代の何でもこいの私には戻れぬ。しかし、指摘され、笑い飛ばせる私ではいたい。しかたないので、素直に受け止めてみたい。明るい私の未来のために。
TOPへ戻る